FC2ブログ

アメリカでいただきますっ!

嬉しい美味しいありがとうの日記。

Entries

清水から飛び降りました!


O MA KA SE

s1 (500x375)

平日夜8時。
こんな所に来るのは「しばらくの間」は無理、「でもそれなら一体いつ行けるのかな?」と思っていました。
そしてチャンスは突然にやって来たのです。

ここはDC内にある日本食レストランのSUSHI TAROさん。
私達がDCに初めて来た1999年の時は、もう少し庶民的なレストランだったのですが、その後、趣向を変えて高級感を出すようになったのです。
そしてそれが功を奏し、ミシェランの星をもらうほどのレストランになったのです。

このSUSHI TAROさん、通常のメニューも美味しいのだと思いますが、「しばらくの間は無理」と思っていたのは通常のメニューではなく「お任せコース」なのです。
いろいろな雑誌に取り上げられているSUSHI TAROさんのお任せは、DCエリアのベストお任せに選ばれるほどのものらしく、行かれた方はみなさん声を揃えて「素晴らしかった!」と言うのです。

でもね、、お値段がね、、
それに一日の席は6席ほどしかなく、予約は1か月前に始まるのですが、みなさん一斉に電話をし予約を取るので、それも難しいそうなのです。


s2 (500x375)

ひゃぁ、、私の好物の一つでもあるホタルイカ!!
奥の白いものは、、


s3 (500x375)

今日、届いたばかりの白魚です。
美味しすぎて美味しすぎて、、、。

そう、こんな物を頂けるチャンスは突然にやって来たのです。
それは一週間前のことでした。
お友達からテキストが入り、

「突然キャンセルが出たらしくて声がかかったのだけど、行きませんか~?」

お友達はこのSUSHI TAROさんと仲の良い方なので声がかかったそうなのです。
しばらく考えました。
お値段も私達にとっては「清水の舞台から飛び降りる」お値段ですし、仕事の後にDCまで行くのは間に合うのかしら。
犬のお散歩+犬のご飯もあるし、それに予約は夜8時前から、、、。
毎日夜8時にはもう寝る前の準備をしている私達です。

でもこれを逃したら、2人ではなかなか踏み切れないと思い、

よし!行こう!!

となったのでした。



s5 (500x375)

なに?!これ!!
食べられるの?
あ、石は食べないでくださいね~。

頂けるのは、、


s6 (500x375)

このさんとその横にあるもの。
岩場にくっついているものらしいのですが、

はい、名前を忘れました、、。

魚介類を頂けるようになったのは大人になってから(海老は未だに食べられませんが)、なので知識も興味も無かったのでその知識の乏しいこと!
この貝みたいなの、、食べられるかなぁ、、と不安だったのですが、全く癖がなく美味しい~。

ほら、、


s7 (500x375)

美味しそうに食べていますよ。


s18 (500x375)

これは何かのお魚の白子とその皮だったのですが、、、
興奮し過ぎて忘れています、、。

もう全てが繊細なお味。
素材の良さももちろんのこと、味付けの素晴らしさと言ったら!

順番が違うかもしれませんが、、、、


s19 (500x375)

こちらも唸りました。

お出汁は鰹では取っておらず、使っているお魚だけのお出汁とおっしゃていたような。
桜の葉に巻かれている白いのがお魚の白身で、竹の子も美味しかった、、、。
お出汁ももちろん全て飲み干します。

それに、、



s20 (500x375)

今度は生の白魚!

美味しい~。
一日で鮮度が落ちてしまうそうで、「もっと食べますか?今日食べないと駄目になっちゃうから。」なんて言うオファーも。
そうそう、お料理はもちろんのこと、カウンター越しにお話しながらお料理を用意してくださったMさんのホスピタリティと楽しさ、私達に合わせてお料理を用意してくださるフレキシブルな対応。
お友達はお酒のペアリングをしていたのですが、お酒も美味しそうでしたよ~。
飲む飲むつぐつぐ!
お猪口を小さくしたりしてお友達の飲むペースを抑えたりいろいろ工夫もされていました♪

そして、、



s8 (500x379)

このセッティングはお刺身ですね!


s9 (500x375)

このマグロが北海道からで、こちらが、、

お刺身の入った器を一つ一つ見せてくださり丁寧に説明してくださっています。

実は一体何が始まるのかこの時点で分かっておりませんでした~。
どうやらこの中から、、



s10 (500x375)

好きなお刺身を選んで良いそうです。
いくつでも!!

あ、でもこの後も続きますし、お寿司でも食べられるのでお腹いっぱいにならないでくださいね~。

もう写真を撮るのも忘れるくらいの楽しさ+興奮ぶり!
私はお刺身デビューも大人になってからなので赤身はまだ食べられず、、、

白身とイカとキビナゴ(青魚頑張ってみました!)

いろいろな頂き方を試させてくれたりして、本当にお任せ!!
お任せと言うのは、「お料理人」にお任せだと思っていて、こちらには選ぶ権利が無いというイメージがあったのですが、SUHSHI TAROさんのお任せは、私たちのペース、好みにあわせてくれる、私たちのお任せという感じでした。

あ、ちなみに哲がいろいろ頂いたのは明らかですよね。
だって、目の前に美味しそうなお魚を並べられて、その説明を受けたら試さない訳には行かないですよね!

そしてその後も、、、


s11 (500x375)

カツオ。

どうやらお刺身で頂いたカツオとは味付けと産地が違うらしいです。
(カツオは駄目なので哲にあげました)


そして、、


s13 (500x375)

焼き魚。

頭からがぶりと頂ける美味しさでした~。
添えられていた木の芽和えのタケノコも美味しかった~。

その後、、、


s22 (500x375)

鴨~。

こんなに癖が無い柔らかい鴨、初めてです!
こってりしている鴨はあまり得意分野では無いのですが、その美味しさと言ったら~。
あぁ、、素晴らしすぎます。


そして、、



s14 (500x375)

お寿司タイム!
食べ放題状態ですが、私はもうこの時点でお腹が一杯!
なのでまた酢飯なしでお刺身でお願いしたり、今度はイカを少し炙ってもらったり、、


s25 (500x375)

蛍イカが気に入った私に、キッチンから煮た蛍イカを出してくださったり、、、


s24 (500x375)

もちろん哲とお友達はもりもりお寿司を頂いていましたよ~。


s26 (500x375)

なんて贅沢、、。。

そして、、



s23 (500x375)

蟹肉と蟹みその乗った手打ちそば!!

シェフのMさんは、2年間、毎日YOU TUBEを観てお蕎麦の研究をしたそうです。
そのこだわりのお蕎麦はこんなに「こし」を感じたお蕎麦は初めて!!というほどに素晴らしいお味でした。
お蕎麦ってご馳走なんですね!
本日のお料理、どれもこれも素晴らしかったのですが、私は実はこのお蕎麦が一番感動したかもしれません。

お料理ももちろんのこと、今回はカウンター越しにシェフのMさんとたくさんお話し出来たのがとても楽しかったです。
食材のこと、お料理のことを聞くのが大好きなので、とっても勉強になり感動した次第です。
気さくな雰囲気と贅沢なお料理、、、
素晴らしいコンビネーションでした。

そしてデザートですが、絞ることが出来ずに、、、


s16 (500x375)

まずは桜味のアイスクリーム。
こちらも唸りました~~~~。

それに、、


s17 (500x375)

ほうじ茶のプリン。
とろけました~~~。

お友達がお願いした桜餅も堪能し、そば粉のバナナクレープも堪能し、さらに、、



s15 (500x375)

抹茶あんみつ~~~。
蜜ももちろん丹精込めた自家製で、あんみつの美味しさと言ったら!!!

美味しい餡蜜はいろいろな所で頂いていますが、アメリカでそれに張る、もしくは上を行くような餡蜜を頂くことが出来るなんて夢にも思っていませんでした。

あぁ、、本当に楽しい夜でした。
居心地がよくて、「どうぞゆっくりしてください」と、もうレストランも閉店しているのに言ってくださって、、。
そうなんです、お店を出たのは11時半、、、。(アメリカのレストラン閉店は早いのです)

そしてこの後、ちょっと大変なことが、、。
あぁん、、どうやってお家に帰るの~~。

今度はいつSUSHI TAROさんのお任せに来られるでしょうか。
こんな贅沢はいつ出来るのでしょうか。
お食事もそうですが、またMさんに会いに行きたいです。

夢の夜でした。


ランキングに参加しています!
応援頂けたら嬉しいです!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

さっちんこぶた

Author:さっちんこぶた
アメリカで美味しい思いをしてもらおう、しようと日々頑張っていますっ!今日も美味しい日でありますように。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム