アメリカでいただきますっ!

嬉しい美味しいありがとうの日記。

2017/12/15(Fri)

NYプチ旅行♪ PART1


OOTOYA


それは数週間前のこと。
土曜日の仕事後、近くの駅まで急ぎ歩き、そしてそのままNY行きの電車に乗り、、、


       O10 (281x500)

ここでご飯を食べましょう♪

日本の電車のようにきちんと時間通りに到着するか怪しかったので、ご飯がきちんと食べられるかもわからず、どこに行こうか寸前まえ考えていなかったのです。
バタバタの週、ほっと一息つきたいときはやっぱり和食ですよね~。
しかも明日は洋食デイになるのでここは和食にしてお腹を休めておきましょう♪
そして哲が調べるとなんと大戸屋さんがあると言うのです!!
わざわざNYで大戸屋さんに行かなくとも、、と思いますよね?
でも行きたくなってしまうのです~。
それに哲は日本で大戸屋さんに行ったことが無いと言うので♪

探し当て到着すると30分待ち。日本ではきっとそんなことはないですよね?

さてクタクタだったので椅子のある場所でしばらく時間を過ごし(せっかくマンハッタンに来たのだからショッピングでもと思ったのですが、大荷物+人込みでその気力はありませんでした、、。)


O9 (500x375)

カウンターでも良いですか?と言われたのでカウンターで。

NO TIPPING RESTAURANT
チップを払わなくても良いそうです。

アメリカではウェイター、ウェイトレスは低賃金で雇用されている場合が多いので、チップと言うのがとても大事になる場合があります。
でも20%はかなりの額ですよね。
チップが無い分、値段に含まれているのかもしれませんが♪

そしてその気になるお値段ですが、、



O1 (500x365)

ひゃぁ、、高い~~。
おそらく日本の3倍以上のお値段でした、、。
こうなると高級レストランです、、。
(今、日本のお値段を再度確認したのです。これを先に見ていたら怯んでオーダー出来なかったかもしれません。)
でもこれだけ大繁盛しているのですから、その価値があるとアメリカにお住いの方は思っているのでしょうね。

さて、オーダーですが、、、、



O5 (500x335)

来ました♪

私は体が冷え切っていたので、



O3 (500x375)

単品で豆乳お鍋を♪
哲は迷いに迷って、、、


O7 (500x375)

焼き鳥重♪
迷ったのは味噌カツ鍋みたいなのでしたが(確か美佐ちゃん(妹)が以前食べていた!!)、私が焼き鳥食べたいなぁ、、と言ったのでこれをオーダーしてくれました。


O6 (500x375)

日本を感じます~~。
美味しそう~~。

哲は焼き鳥に唸りながら頂いていましたよ~~。
高級大戸屋さんに来た甲斐がありました。

それにしても下に敷いてあるご飯の薄さにびっくりでした。
アメリカ人は炭水化物をあまり好まないからでしょうか。

そして、、



O8 (500x375)

この通り♪

日本に行ったら食べ放題状態でオーダーしましょう♪いっくら頂いても今日のお値段にはならないでしょう。
あぁ、それにしてもびっくりお値段でした、、。

ご馳走様でした!!

さぁ、本来の目的の場所へ急いで向かいます!!

ランキングに参加しています!
応援頂けたら嬉しいです!

レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://felicia375.blog24.fc2.com/tb.php/2826-9576cfec

プロフィール

さっちんこぶた

Author:さっちんこぶた
アメリカで美味しい思いをしてもらおう、しようと日々頑張っていますっ!今日も美味しい日でありますように。

最新記事

カテゴリ

お家ごはん (268)
手作りお菓子 (289)
おべんとう (403)
ブレッド (13)
CANNING (11)
食材 (95)
外食 (482)
おやつ (193)
TAKE OUT (64)
お呼ばれ (74)
頂きもの! (394)
まま (44)
キッチンツール (27)
チャイナペイント (8)
旅行 (261)
日本 2011 (21)
日本 2012 (16)
日本 2013-2014 (28)
2014-2015 ホリデイヴァケーション (51)
2015 日本帰国 (28)
2016 日本帰国 (38)
その他 (31)
未分類 (1)
2016 記念日旅行 (19)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム